着手金無しの成功報酬型なら費用を抑えられる

債権回収にかかる費用にはさまざまな形態があります。成功報酬型の料金体系については、基本的に債権の回収が終了した後に報酬の支払いが発生します。成功報酬型の料金体系の場合、着手金は発生しません。それはつまり、先払いする費用がゼロであるという事です。費用として発生するのは債権回収後に支払う成功報酬のみであるため、債権者としては費用を抑える事ができるのです。

成功報酬の分だけ債権額は目減りしますが、それは必要経費と見るべきでしょう。そもそも債権回収に乗り出さなければならない時点で、債権額の満額が支払われる事は諦めるべきなのです。債権回収に踏み切った場合には、「どれだけ損失を抑えるか」に注力するべきでしょう。

相談料、着手金無料で依頼に応じてくれる弁護士の視点から見ても、成功報酬型の料金体系は債権者にメリットがあります。何故なら弁護士は「成功報酬を得るために必死になる」からです。

いくら法律・問題解決のプロである弁護士とは言え、債権回収に100%成功する保証はどこにもありません。しかし成功報酬型の料金体系だと、弁護士は回収に成功しなければ「報酬ゼロ」になります。弁護士は成功報酬を確実に得るために、債権回収に全力を尽くしてくれるのです。